【熊本県益城町で震度7】【巨大地震時に気を付けていただきたいこと。】

この記事は2分で読めます

皆さん、大きな地震があった場合、

余震はあるものと考え

十分注意して下さい。

 

また津波情報には十分注意して下さい。

 

 

 

電話の連絡は救急や消防を最優先にして下さい。

家族間の安否確認は心配ですが我慢していただき

「災害伝言ダイヤル 171」をご利用下さい。

 

 

 

受話器が外れてる場合は電話をかかりやすくするため

できるだけ元に戻して下さい。

 

 

 

そして地震後に一番危険なのは火事です。

二次災害は起こさないように

ガス漏れなどに気を付けて下さい。

 

また、その可能性を考え

電気がつかなくてもろうそくなどを使用ないで下さい。

 

 

家屋にいる場合は避難経路確保のため

窓や玄関は必ず開けて下さい。

 

可能なら必要のない電気系統は

コンセントを抜くようにして下さい。

 

 

懐中電灯などを用意して下さい。

ただし、スマートフォンの懐中電灯機能は

できるだけ控えて下さい。

 

スマートフォンはできるだけ情報収集に

使うように心がけ

ワンセグ機能がついていれば

テレビとしての使用を考えて下さい。

 

 

地震直後は電気が付く可能性がありますが

余震などで使用できなくなる可能性を考え

電気がつくうちに災害グッズの持ち出し準備をして下さい。

 

 

 

 

車から避難する際は

キーを付けておくようにして下さい。

 

これ万が一の時に

車を移動できるようにするためです。

 

 

 

そして一番危険なデマ。

 

こういう時は根拠のないも確認情報が多数流れる傾向にあり、

パニックになる可能性があります。

 

心配かもしれませんが根拠の無い情報は無視して、

デマに流されないようにして下さい。

 

テレビ、ラジオなどの公共の放送から正確な情報を収集するように

心がけて下さい。

 

 

 

県外の方たちも

ご家族、ご親戚、お知り合いの方の安否が心配なのはわかりますが

電話の使用は避けて

「災害伝言ダイヤル 171」

をご利用下さい。

 

 

 

そしてスマートフォン、ガラケーなどは情報収集など

いざというときに必要になります。

 

省電力設定にして必要最小限の使用に止め

予備バッテリーなどがあれば用意して下さい。

 

 

 

皆さん、正確な情報を手に入れ

安全第一で行動して下さい。

 

 

 

日本人の根本である心

「助け合いの気持ち」を忘れずに行動して下さい。

 

 

 

 

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。