Continuum(コンティニュアム)ってなに?

この記事は2分で読めます

こ皆さん、こんにちは!

葵栄治です。

 

今日はWindows10Mobileの最大のウリであるContinuum(コンティニュアム)について調べたので

ここに記載していきたいと思います。

 

 

まずContinuumとは?

Windows10Mobile本体をパソコンのように使うことができる機能です。

 

ディスプレイにWindowsPhoneを接続、

すると、ディスプレイに「Windows10」そっくりの画面が現れます。

 

これでインターネットやMicrosoft Officeを大画面で利用できます。

 

また、キーボードやマウスも利用可能なので

さらに快適に使用することが可能です。

 

 

でも、パソコンと全く同じことができるのかというとそうではありません。

ストアのアプリは使えますが、ストア以外からのアプリやソフトは

ダウンロードできますがインストールはできません。

つまり使えません。

 

また、ExcelもVBA(Visual Basic for Applicationsの略称で、マクロ機能で作成する手順を記述するときに使うマクロ言語の名称)など

一部機能制限があり、使えません。

 

まあ、大画面でYouTubeは見れますし普通に使うなら全く問題なしです。

 

 

 

 

そしてContinuumの

使い方ですが、とても簡単みたいです。

 

1.Continuum対応のWindows10Mobile

2.ディスプレイ

3.DisplayDock

この3点です。

 

 

 

ただ「DisplayDockって何?!」って方も

おられるのではないでしょうか???

 

 

 

「DisplayDock」とは

「Windows10Mobile」とディスプレイを接続するための変換器です。

これがないとContinuumを利用できません。

 

 

ただ、この機能はかなりのハイスペックでないと利用できないようで

公式では「Snapdragon808、810」とのことでしたが

最近は「Snapdragon617」でも利用可能とのことです。

 

またメモリ(RAM)は2GBは必要なようで

「1GBでは無理」とのことです。

 

 

ただ、Miracast(1対1の無線通信によるディスプレイ伝送技術)は

スペック問わず利用可能とのことです。

 

まあ、スマホの画面をディスプレイに拡大表示するだけですけど・・・

 

 

 

いろいろ制限はあるみたいですが

最新技術ってやっぱワクワクしますよね!

 

 

機会があればぜひ利用したいですね!

 

 

 

それでは!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。